WEBの仕事を、フリーランスでする事の大変さ

WEBマネーは、ポイントを介して利用者を増やし、やがては便利な決済手段として定着する日も遠くない。

WEBの仕事を、フリーランスでする事の大変さ

WEBマネーはお得な決済手段となる

WEB(ウェブ)マネーというものをご存知でしょうか。クレジットカードに比べると、まだまだ普及率は低いようですが、ネットを使う若者にはかなり浸透してきているようです。ネット上で買い物をするとポイントがついてきて、これをウェブマネーに交換して磁気カードやICカードに収納して、コンビニなどで使うという利用の仕方が一般的ですが、ウェブマネーで払うとその際にポインがつくため、その分メリットがあります。またコンビニでウェブマネーを買うこともでき、それをネット上の買い物の決済に充てることもできるため、その際またポイントがつくことになります。現金やクレジットカードよりポイントがつく分、お得感があるということですね。

ネット上で買い物するなどの他にも、ネット上でゲームや広告商品の閲覧をすることでポイントがもらえるサイトもあり、そこでためたポイントをウェブマネーに交換できるので、お得感もより強くなります。たかがポイントと言っても、1,000ポイント、5,000ポイントと増えてくると、1ポイント1円の交換比率の場合なら、そのまま1,000円、5,000円の買い物ができる訳で、利用期間が長くなると結果的に大きな差が出ることになります。タイプとしては先払い型と後払い型の二つのタイプに分かれており、目につくものだけでもざっと35種類程数え、中には互いに交換可能なものもあるようです。使えるところが次第に増えることで、やがては便利な決済手段として定着することも、そんな遠い先のことではないような気がしますね。